brain man

NEWS

左脳と右脳でたのしむ日本の美

nendoとサントリー美術館による展覧会 「information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」が開催されます。information、inspirationの2つのテーマで右脳と左脳両方で楽しむ事ができる工夫がされています。
SKILL

頭の回転が10倍早くなる速読トレーニング

簡単な速読トレーニングをする事で、頭の回転が10倍早くなります。紹介した速読トレーニングでは、右脳でインプットすることが大切です。左脳が働かないよう高速で行います。頭の中で、声を出して読む事(音読)を辞めるだけで、情報処理速度は、格段に上がります。
LIFESTYLE

右脳を鍛えるには読書が最適

右脳を鍛えるなら読書をしましょう。読書では、右脳と左脳の両方を使います。脳全体のトレーニングになります。オススメの読書法は、小説を読むことです。小説を読む為にはイメージ力が大事です。イメージは右脳を活性化させます。上級者には哲学書もオススメです。
SKILL

最強の記憶術「記憶の宮殿」とは?

簡単で効果がある記憶術「記憶の宮殿」の簡単な方法を紹介します。記憶力が格段に上がります。記憶は才能ではなく、技術です。頭の中に家や道などをイメージして記憶したい事を配置しましょう。上手くいかない人はイメージ力が足りないかもしれません。トレーニングをしましょう。
KNOWLEDGE

右脳派、左脳派なんて存在しない!?

人は能力によって、右脳派(芸術脳)、左脳派(言語脳)と働きによって分類されがちですが、明確に脳に偏りなどありません。科学的根拠をもとに脳の働きを比較検討しながら解説します。
SKILL

右脳開発の定番「オレンジカードトレーニング」

「オレンジカードトレーニング」の方法の解説、右脳は本当に活性化するのかを検証しました。半年の実践をもとに効果があるのか感想とともに解説。七田式として右脳開発においては定番ですが、続ければ成果が出ます。気になる方はやってみましょう。
SKILL

英語は右脳で学ぶべき

英語を学習する時、右脳を活用する様にしましょう。音の聞き取りの時、右脳は聞いた音をそのまま記憶します。右脳を使った聞き取りをすると簡単に英語脳が作れます。左脳を使った聞き取りでは、一度言葉に変換して記憶される為、いくらやっても効果はでません。
KNOWLEDGE

日本人に左脳派が多いのは、「日本語」に原因があるのでは

英語が苦手な日本人、その原因は「日本語」にあるかもしれません。読む言語である日本語は、左脳を使います。反対に、聴く言語である英語は、右脳を使います。そもそも使う脳の領域が違うのだから、日本人が英語を苦手とするのは当たり前のことなのです。
KNOWLEDGE

日本人は、「右脳」を活用することで、「潜在能力」を解放できる

頭がよくなりたい、理解力を高めたい、回転を速くしたい。そんな人は「右脳」を活性化させましょう。トレーニングは、「日本人」にこそ効果があります。芸術など新しい才能が生まれるかも。